HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年2月

ブログ 2017年2月

【カリモク】Roland デジタルピアノ~きよら~ KF-10-KW 展示を始めました♪ 【高級家具調】

 デジタルピアノの大手、Roland と、家具メーカーの大手、カリモクとのコラボレーションで誕生した、今までにない高級なデジタルピアノ「Kiyola」(きよら)がこの度赤磐本店での展示を開始しましたhappy02

第一印象は、「すごく軽い!!本当にデジタルピアノなの?」と驚くくらい一つ一つのパーツが軽いんです!
それもそのはず


だってMADE WITH KARIMOKU  なんですからthink

DSC_0373[1].jpg
この Kiyola は、今までローランドが作ってきたデジタルピアノと違って、全ての外観パーツをデザインから加工までカリモクと共同開発しています。もちろん家具メーカーだからこその木材そのものへのこだわりと、徹底的に過剰なパーツを省いていったモダンなデザインへの追及が随所に見られます。

なんて贅沢なんだ!!!


中にも外にも、カリモクさんとローランドの技術がたっっっぷり詰まっています。詳しいことはこの辺りはローランドのホームページから抜粋していきます。

DSC_0369[1].jpg・~日本のものづくり~へのこだわり 

 常に最新のデジタル技術で理想のピアノを追求してきたローランドのピアノへの情 熱とカリモクの家具への情熱の両方が、楽器がもっともっと生活の身近になるよう丁寧に作り込みました。カリモク家具は、近年のナチュラル志向を反映するべく、人々の暮らしに自然に溶け込み、心を癒す家具デザインで、業界をリード、日本では根強いカリモ ク・ファンが多く存在します。健康へ配慮した素材の活用、限りある資源を選定し有効活用した環境への配慮など、人の心とつながるところは、楽器も同じです。「カリモ ク」の拠点、愛知県で人の手によって作られたキャビネットを、「音楽の街」静岡県浜松市で人の手によってピアノとして仕上げます。ハンドメイドによる丁寧な仕上げで 高い品質を実現し、「ものづくり」の東海地区から世界へと発信します。


roland-kiyola-8817-musiccenter-pl-sklep-muzyczny-4.jpg・より進化を遂げた「ピアノらしさ」
 
 弾くことにこだわった ローランド最新のピアノ技術 を搭載 電子ピアノを作り40年の歴史を持つローランドは、ピアノサウンドと鍵盤メカニズムなどを研究し続けてきました。KF-10においても、LX/HPで開発した 技術を惜しみなく投入しました。デジタルで仮想的なピアノを作り出して発音する「スーパーナチュラル・ピアノ・モデリング音源」を搭載し、最高の演奏体験をかなえま す。風合いがあって剛性感に優れる木製鍵と、精度が高く耐久性のある樹脂鍵の良いところを掛け合わせた「PHA-50鍵盤」は、弾き心地を重視した設計で、アコースティッ ク•グランドピアノのそのままの最高のタッチ感と表現力を実現しながらも、メンテナンスフリーを実現しています。鍵盤を演奏して耳に返ってくる音の気持ち良さにこだわ って専用設計したスピーカーボックスとサウンドシステムにより、上級者にも満足いただける楽器にまとめました。 ピアノが生活に身近になることで、新しい楽しみ方を創造します。

application_hero.jpg・シンプルな外観、多彩な機能
 
 内蔵されたBluetooth技術によって、専用のリモコンアプリから多彩な内蔵曲を 再生することや、スマートフォンに収めたお気に入りの音楽をピアノから高音質で鳴らすことが可能です。ピアノ演奏するだけでなく、演奏しない時間も心地好く音楽を楽 しめる空間をもたらし、くつろぎの時間を優雅に彩ることができます。他にも、本体の操作ボタンが最小限であるため、デジタルデバイスと親和性の高い電子楽器ならでは の楽しみです。ウェアラブル端末で話題のAppleWatch用リモコンアプリを使ったり、タブレット端末に映し出した楽譜の譜めくりができるアプリと共に使ったりなど、一歩 進んだ提案をしています。



見た目が違うだけでしょ?って言わせないのがさすが!デジタルの部分や、音色そのものにも研究の成果が出ています。カリモクファンにもとにかく見に来てほしい商品ですねwink

Roland Kiyola KF-10-KW(ウォルナット調) の展示は㈱ 山陽こだま楽器 赤磐本店 1Fショールームになります。(岡山県赤磐市下市93)

あまりに高級な商品のため、展示しているお店も中国地方ではわずかです。ぜひこの機会にご来店くださいね(#^.^#)


カリモク家具 1940年創業、(浜松市のある静岡県の隣である)愛知県に本社と製造拠点を持つ、国内最大手家具メーカーです。自社グループ内で資材調達から設計・製造 ・販売までを一貫して手掛ける独自の体制で、国内外にオリジナル家具を送り出しています。伝統ある家具製作のノウハウ (国産木材の特性を活かした木工加工技術と塗装技 術) に加え、安定した品質、使いやすさ、そして環境に優しい取り組みなどで知られています。そして、国内外で活躍する気鋭の多数のデザイナーを起用、革新的な家具デザ インを世に送り出しています。また、『品質至上』を理念に、生活向上への寄与や社会貢献を目的とした製品づくりに特長があります。

講師コンサート2017~Delight in music~ 無事に終了しました。

先日、2月11日(祝)に山陽こだま楽器主催の講師コンサートが行われました。note

前回から約5年ぶりの講師コンサートということで、お客様の温かい声援に包まれながら2時間のセットリストがあっという間に過ぎて行きました。

20170212160625-50dea485ff81ce03467bc7cab531635b73487cdb.jpgピアノ独奏、オルガン独奏などからなる、第1部の優雅なクラシックステージに加えて、ドラムやサックスも加えての第2部の迫力あるポピュラーステージで、どの曲も楽しめて頂けたと思います。

この記事を書いている店員Tも実はドラムの講師として、ドラム演奏とビブラフォン演奏をしてきました。

第2部最初の「ルパン三世のテーマ80"」では今回初となる3台ドラムを並べてのドラムソロバトルということで今までとは違った、エンターテイメントな音楽を楽しんでいただけたと思います。このときにビブラフォンを叩いたのですが、先輩先生方のドラムに合わせて演奏できてとても楽しかったです!smile

また今回の講師コンサートでは、照明や映像にもこだわり、特に映像では㈱ローランドさんから、専門技師の方をお呼びして計8ヶ所からの撮影をリアルタイムでプロジェクターから配信していました。


ちなみにドラムの方はROLAND TD-30!!ハイブリッド化がどんどん進んできています(#^.^#)

20170212163755-cf1f9170546c657aa9d33d56a6e44d03d75851ab.jpg演奏終了後には出演講師によるお見送りがありましたが、どの皆様にも

「よかったです。」

「いい演奏会でした!!」

「良い演奏をありがとうございました!」

と言って頂き、今までの努力の甲斐があったなぁとホッとしています。


ドラムの写真ばかり載せていて花がないのですが(笑)、演奏中の写真なども手に入り次第、徐々に載せることができたらと思います。camera


次回の講師コンサートは5年後、その時には山陽こだま楽器はなんと50周年を迎えます。50才ですhappy02!!



今回来て頂いたお客様や生徒の皆様や、出演して頂いた講師の先生方、そしてご協力して頂いたローランドの皆様…

たくさんの皆様に支えられた感謝の気持ちを胸にwink

また次のステージへと進んでいければと思います。shine

どうぞ、これからも末永く、山陽こだま楽器をよろしくお願い致します。

(ドラム科 講師 髙瀨廣信)




ピアラピアノコンクールを終えて

先日 ピアラピアノコンクール岡山地区予選会が開催されました。
参加された生徒の皆様、ご引率応援してくださいましたご父兄の皆様 お疲れ様でした。

毎年レベルアップしているのですが、審査員の先生方がおっしゃっていましたように
今年は特に大変素晴らしい演奏をされる生徒さんがたくさんいらっしゃったのでとても感動致しました。

コンクールに挑戦すると、当然ながら結果が出ます。
良い結果の生徒さんは 自信がつきます。
残念な結果だった生徒さんは悔しい思いをします。

演奏前のバックステージでの生徒さんは
皆さんとても緊張していています。
大舞台の中、大勢の人の前で
どんなに幼い生徒さんでも
1人で演奏しなければなりません。

挑戦された皆様は 本当に本当に立派です‼

結果云々も もちろん大切なのですが
挑戦することや、経験値を増やすことは
それよりも大切ですし、また自己成長に繋がります。

 ピアノが もっと好きになって、もっと上手くなりたい‥
そういう生徒さんの気持ちを これからも 応援させていただきたいと思います。

ピアノ科講師 山口麻弥

1

« 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 2017年4月 »

このページのトップへ