HOME > ブログ > 講師 > ショパンコンクール

ブログ

< ピアノ科演奏グレードオーディションが行われました!  |  一覧へ戻る  |  手数王、宇宙へ旅立つ >

ショパンコンクール

先日、第18回国際ショパンコンクールが開かれました。ショパンコンクールは、ヨーロッパのポーランド、ワルシャワにて行われる、1927年より続く、歴史あるコンクールです。5年に一度行われる、言わばピアノのオリンピックのような催しです。

このコンクールでは毎回、演奏者が弾くピアノを指定することが出来るので、どのピアノが最後まで生き残るのかも同時に楽しめます。

今年使われたピアノはこの4社5台で、

・スタインウェイ 479
・スタインウェイ 300 
・ヤマハ CFX
・カワイ SK EX-L
・ファツィオリ F278


でした。このブログを書いている中の人(ドラマー)はファツィオリのピアノはまだ見たことがないです。
スタインウェイは製造番号で区別しているだけのようで、479と300は同モデルの製造時期違いみたいです。つまりはおんなじピアノの個体差音色が違っている形になります☆彡

ちなみに今回第18回の受賞者並びに受賞ピアノですが、

1位: ブルース・リウ  (ファツィオリ)

2位: 反田恭平  (スタインウェイ)
  アレクサンデル・ガジェヴ (カワイ)

3位: マルティン・ガルシア・ガルシア (ファツィオリ)

4位: 小林愛実  (スタインウェイ)
  ヤクブ・クシュリク  (スタインウェイ)

5位: レオノラ・アルメリーニ  (ファツィオリ)

6位: ジェイ・ジェイ・ジュン・リー・ブイ  (カワイ)

となっています。反田さん、小林さん、受賞おめでとうございます!!!



カワイのピアノが上位にランクインしていることがとても嬉しいですが、意外なことにスタインウェイ、ファツィオリ、そしてカワイとだいたい同じ数に落ち着いていることから、圧倒的にどこかが優れたピアノメーカーというよりは、弾いている人の実力を出しやすいピアノであって、その人の好みの音を出せるピアノなんだろうな、と思いました。

確かに、世界規模ではスタインウェイが圧倒的な地位を確立していると感じますが、カワイも全く負けていないということが改めてわかりました。

山陽こだま楽器では赤磐本店にSK6、岡山西口店にSK2が入っています。個人的にお遊びぐらいの弾き方しかできないのですが((笑))

もっといろんな曲を弾けるようになったら、お店のSKの良さもわかるのかなぁと思います( ;∀;)

sk_touch.jpgお店のシゲルカワイも是非弾いてみてくださいね(#^.^#)

(髙瀨)


カテゴリ:

< ピアノ科演奏グレードオーディションが行われました!  |  一覧へ戻る  |  手数王、宇宙へ旅立つ >

同じカテゴリの記事

手数王、宇宙へ旅立つ

こんにちは。ドラム科講師の高瀬です。

久しぶりにお店とは関係ないブログになります。

さて、今日朝にいつものようにネットを開いてみると、今のトレンド欄に見知った名前がありました。

「菅沼孝三」

それを見て、心の中でショックが駆け巡ったのと同時に、とうとうお別れなんだなと心が痛くなりました。

ドラマー菅沼孝三さんとの出会いは、教則DVDで見たことがきっかけでした。その後奇跡的な機会を頂いて、思いがけず対バンだったりツインドラムに挑戦したりと、凄く距離の近いカリスマ的ドラマーでした。

ここ数年、病で体調を崩されていましたが、菅沼さんのことだから、また笑って変態的なドラミングを見せてくれるよ、と思っていました。しかし、昨日11月8日、最後の最後までビートを刻み、宇宙へ旅立たれたとのことでした。


15384559_1870802336537534_196259926507065682_o.jpgもう5年ほど前に撮影した写真、右側が菅沼孝三さん、左が私です。この妙な距離感は緊張感MAXで謎のポージングになった結果です。

この時はギター、ベース、ボーカルにツインドラム編成でラウドネスのクレイジーナイトを叩いた時です。すんごく楽しかったのを思い出します。セミナーでやったドラムソロ回しも最高でした。

菅沼さんは主宰のドラム教室でも、数多くのプロドラマーを輩出されており、本当に多くの方から慕われていました。もっともっと、セミナーやライブなど参加しておくべきでした。大先輩のご冥福をお祈り申し上げます。

ドラム科講師 髙瀨




オカヤマシビックホールブラスの演奏会のお知らせ《吹奏楽》

当社、トランペット科講師である西 誠先生も出演される、吹奏楽団のコンサート及び定期演奏会のご案内です。

Okayama Civichall Brass Autumn Concert

《日時》2021年10月17日(日)
    14:00 開演 (13:00 開場)
《会場》岡山市灘崎文化センター(岡山市南区片岡186)
《入場料》500円 *山陽こだま楽器 赤磐本店にて少数チケット取り扱いあります。
【曲目】   アルセナール
     海の男たちの歌
     スーパーマリオブラザーズ
     星に願いを 泣き笑いのエピソード
     嵐メドレー(ジャパニーズグラフィティ) 他


244656791_4544466732272223_2275510422405555302_n.jpg

コロナ禍ではありますが緊急事態宣言や蔓延防止の解除後、岡山県内での感染者も少なくなっています。感染対策を充分にしながらコンサートを行いますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

入場チケットを当社 赤磐本店にて取り扱っております。数に限りがありますのでご購入の際はお早めにご来店よろしくお願いします。

発表会が終わりました。

 暑さの続いた8月初め。8日からは一転して台風の影響により雨や風が強くなっていました。そんな中、8日と9日には、赤磐本店の音楽発表会が行われました。
皆、今までの練習の分だけ演奏できましたでしょうか。100%  の良い状態の演奏ができるということは中々難しいですが、一緒に練習をそばで見守っていたご家族の皆さまに聞いてもらえたことはそれだけでも素晴らしいことだと思います。

 本番に近づくにつれて、岡山県内のコロナウィルス感染者が急増してはいたので、無事に発表会を迎えることができるか、スタッフとしても、最後までヒヤヒヤしていました。

 ところが、そんな心配も杞憂に終わり、参加者の皆様が舞台に立つことができました。緊張して、思い通りの演奏ができなかったなどあると思いますが、夏の思い出が残すことができたと思います。

 また、来年の発表会ではまたみんなが笑顔で集うことができるよう、今日からまたスタッフとして生徒様、ご家族の皆さまを応援したいと思います。

なお、お知らせですが、明日8月11日(水)から8月15日(日)まで山陽こだま楽器は臨時休業となります。16日(月)は西口店のみ開店しておりますので、ご注意ください。17日からは両店舗とも通常営業になります。どうぞよろしくお願い致します。(T)


発表会の季節がやってきました。

じわりじわりと暑くなってきました。6月ももう終わりに近づき、いよいよ発表会の季節がやってまいりました。

去年はコロナに見えない恐怖を感じ、発表会をしていいのかといった漠然とした不安を抱えていましたが、予防対策やエチケットなど、気をつけることを明確にし、安心して開催することができています。

去年できなかった生徒さんにとってはきっと2年ぶりの発表会となるので、自分の実力や練習の成果を発揮するとともに、曲を演奏する楽しさを味わっていただければと思っています。

夏に向けてさらに暑くなってくると思いますが、体調には注意して元気に発表会に参加できるよう気をつけましょうね☆ (髙瀨)

あなたはジャズ子?それとも刀?

こんにちは。今日はLM系(軽音楽)の話をしようと思います。

山陽こだま楽器では、ローランドのデジタルピアノを展示しているということもあり、他の備品においてもローランド社製品を使っていることも多いです。

今日紹介したいのは、赤磐本店のレッスンで使っているアンプ二つについて。

お部屋が二つあるので、それぞれの部屋にジャズコーラス JC40と、刀アンプ KATANA-50 Mk2を使用しています。


DSC_0316.jpgまずはジャズコーラス JC40。
長らくジャズコジャズコと呼ばれて、数多くのギタリストから親しまれているアンプの40wクラスモデルです。

ライブハウスに必ずと言ってよいほど置かれている、JC120の小さいバージョンですが、
部屋の大きさに適したサイズ感ながら、JC120と同じクオリティのクリーントーンで鳴ってくれます。

また、レッスンではまだエフェクターを持っていない初心者の方もおられるため、ディストーションがあらかじめ備わっているのはとても重宝しています。もちろん人気の理由であるコーラスとリバーブは付いています!!


katana50 mk2.jpg
もう一つの部屋に入れているのは、BOSS 刀アンプシリーズのKATANA50 Mk2。
ここ何年かの間に発売されて以来、あっという間に人気が爆発したアンプですが、こちらは、アンプ兼マルチエフェクターという表現が一番正しいです。

つまり、このアンプの中に歪み系、空間系、モジュレーション系など多くのエフェクトが入っているため、音作りが一台で完結する超優れものです。しかもパソコンを使って音色をエディットすることも可能です。

また、使えるエフェクター自体がBOSSの物なので間違いがなく、一つずつコンパクトエフェクターを買っていくよりも圧倒的にコストパフォーマンスが高いです。

レッスンではより迫力のある曲の練習もできるほか、持たれているエフェクターと音の違いを比べたりということもすることができます。




いまこのブログを書いている講師(スタッフT)はKATANA 100/212 mk2 (100Wスピーカーコーン2つ使用)を自宅スタジオに持っています。先ほど書いたようにそれ1台で完結するような仕組みですが、刀アンプにはセンド・リターン端子や専用スイッチャーがあるため、エフェクトボードを使ってより幅広い音が出せます。BOSSのみの音で作られた音色と、ボードの音。それらをミックスした音など、様々なジャンルに対応することができます。


さて、今回はいつもと違ってアンプの話をしましたが、山陽こだま楽器ではレッスン時やルームレンタル時(レッスン中は除く)に人気の2種類が試せるほか、『元祖ジャズコ』ことJC120をレンタル機材で使用することができます。

これからギターを始めてみたいと思われている方や、もともとジャズコや刀アンプの試奏がしてみたかった方など、ぜひ一度試しに弾きに来ていただければと思います。(T)






このページのトップへ