HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年12月

ブログ 2017年12月

話題のボーカロイドキーボードを入荷しました!!

こんにちは!!最近極端に冷えてきています。それもそのはず、昨日から赤磐本店一帯ではついに雪が降り始めました。
もう県北方面には行くことも困難になってくるのでしょうか…。

今日はひとつ、ホットな話題をお伝えいたします。

先日、ヤマハから珍しい商品が発表となりました。その名も「ボーカロイド キーボード VKB-100」
!!!

ヤマハ得意のショルダーキーボードを弾くことでで、リアルタイムにボーカロイド(初音ミク、IAなど)を
歌わせられることのできる商品です。

赤磐本店で在庫として入庫していますので、是非とも試してもらいたい商品です。
今回はこの機種を実際に10分ほど音出ししてみた簡単な感想を書いていきたいと思います。

8363_ext_03_0.jpg・ストレスのないリアルタイムな演奏
これです。この商品が発表になって一番気になっていたのはこの部分です。

 初音ミクなどのボーカロイドは当然、パソコン上で歌詞と音階を細かに設定していき、最終的にDAWで曲として作っていく、いわゆる「打ち込み」の商品です。そのため、ライブで生演奏されることはまずありませんでした。

 その中で、なんとか生演奏でも用いたいといった要望もありましたが、技術的な部分でどうしても販売までたどり着かなかったものが多かったように思えます。実際ギターエフェクターとして世に出たものはその解析処理などの複雑さゆえなのか、実際に弾いてから発音するまでのタイムラグがとても大きかったです。

 その点、今回のVKB-100はヤマハさんも研究に研究を重ねたそうで、鍵盤を抑えたと同時に発音できるまで処理能力が高くなっています!!本当の意味でストレスなく、自分の演奏に集中できます。試しにプリセットの「千本桜」をやってみましたが、予想以上に楽しく弾けます(#^.^#)また、ボーカロイド音源も安心のクオリティですので、ボカロPやキーボーディストも安心して演奏できると思います。

DSC_0051.jpg
DSC_0053.jpg・アイデアで広がる拡張性

 このキーボードの特徴は、自分の好きな歌詞を入れて演奏できるとことや、自分の好きな時にビブラートをかけることができたり、エクスプレッションで発生の強弱が変えられるなど、デジタル面の機能がかなり充実していること。

 これは実際に手に取ってもらえると、作りこみの可能性が分かってもらえると思います。自分で作った歌詞をひとまず本体へアプリで取り込めば、そのままライブでも弾けますし、作曲の際のメロディライン決めもアイデアが浮かんでくるかもしれません。



・試したいのはギターの空間系・変化系エフェクター!!

 このキーボードを手にとって感じたことは、ペダルエフェクターと相性が良いということ。出力がステレオ出力でなくライン出力というところにも少し潔さを感じました。

 試してみたいのが、やはり空間系のペダルエフェクターでした。特に、リバーブとディレイです。たとえば歌詞というよりはスキャットのように「ランラン」と入力してみてそこにディレイ+リバーブを掛けてみると、それだけでフレーズができそうです(笑)

 また、インテリジェントピッチシフタ―で重音をかけるのも効果絶大な気がします。もし僕が個人で買うとしたら、家にあるTC electronicsのNOVA SISTEMに繋げたら最強じゃないかと思ってしまいました(笑)。意外とベースのブレンダ―・DIと繋げても効果ありそうです。

様々弾いてみながらいろいろ考えました。自分でも一台欲しくなってしまいます(V)o¥o(V)

こちらのYAMAHA ボーカロイドキーボード VKB-100は

¥37,800(税込)にて販売いたします!!!

ヤマハ公式のサイトでは岡山での取扱店はないと載っているのですが…
赤磐本店にて本日より展示しますので、岡山県内で購入検討のお方はどうぞお気軽に試奏やお問い合わせしていただければと思います(#^.^#) 

ちなみに18日まではYAMAHAさんがキャンペーンをやっていますのでそちらも確認の上ご来店いただければと思います♪(講師 髙瀨)

ローランド・フェスティバルが行われました。

11月の末日にローランド・フェスティバルの
ピアノ部門とドラム部門が開催されました。

ピアノ部門では、
中高生部門で最優秀賞、一般部門で優秀賞を生徒さんが受賞されました。
また、小学生、中高生、一般部門で敢闘賞を受賞されました。

フェスティバルとなっていますが、結果の出るコンクールでもあるので
参加された皆さん、それぞれうまく弾けた方、そうでなかった方
いろいろあると思いますが、まずはこの日に向けて一生懸命練習されたことを
誇りに思って、また次の目標に向かってがんばっていきましょう。

審査員の講評の中で
「演奏している最中に、何かに気づいて、終わるまでに演奏が変わっていくことがある」
と述べられていました。
大きな会場で、観客や審査員の注目を一人で受けて、普段とは違う緊張感に包まれた中での演奏が
きっと、演奏する人の潜在的な能力を引き出していくんだと感じました。

DSC01661.jpg


ドラム部門では、
事前のビデオ審査の結果が送られてきて、
優秀賞を2名が受賞され、2月のファイナルへ進むことになりました!
全国的に参加者が増え続けている中での全国大会出場
本当におめでとうございます!
全国大会までしっかりとレッスン及び練習ができるように
教室も準備万端で整えておきますので、がんばりましょう!

0433_img_02.jpg

1

« 2017年11月 | メインページ | アーカイブ | 2018年1月 »

このページのトップへ