HOME > ブログ > 講師 > 西口店の発表会 in さん太

ブログ

< PMF課題曲セミナーがありました。  |  一覧へ戻る  |  台風 >

西口店の発表会 in さん太

こんにちは、ドラム科講師の髙瀨廣信です。梅雨が終わったと思えば、今度は台風の到来のようで…

相変わらずじめじめとした気温の赤磐本店です。

さて、先週、6月24日の日曜日から山陽こだま楽器では夏の発表会シーズンが始まりました♪

① 6月24日(日) 山陽新聞社 さん太ホール 
② 7月1日(日) 山陽新聞社 さん太ホール
③ 8月4日(土) 学び館サエスタ
④ 8月5日(日) 学び館サエスタ

夏の発表会には毎年多くの生徒さんが参加されています。今年は4日にわたって開催されます。

先日行われた24日の発表会では僕の生徒もドラム科第一陣として参加しました。

36225023_2091395544417508_7106666287706669056_n.jpg 基本的に発表会は1人でステージに上がって演奏していくのですが、
写真のようにアンサンブル形態で講師と一緒に演奏することもできます。

 この生徒さんの時はV-Drums(TD-15KV-S)と Hand Sonic(HPD-10)
でパーカッションアンサンブルをしています。伴奏音源で歌詞のある部分は合わせやすいですが、間奏部分でパーカッションのみになる部分では拍感が分かりづらくなるため、カウベルとコンガの音色をハンドソニックで出すことで、メトロノームのような役割をしています。

初めての発表会で緊張したとは思いますが、ところどころあるキメの部分で二人の息がそろうと、嬉しかったようです♪よく頑張りました(#^.^#)

明日、7月1日は発表会2日目です。ピアノやバイオリンの生徒さんが参加されます。それぞれが実力が出せるよう演奏を頑張ってもらえたらと思いますが、なにより失敗も含めてステージに上がって演奏したことそのものを楽しんでもらえたらいいなと思います。

今年の夏の良い思い出になることを期待しております(#^.^#)

カテゴリ:

< PMF課題曲セミナーがありました。  |  一覧へ戻る  |  台風 >

同じカテゴリの記事

PMF課題曲セミナーがありました。

昨日は講師会の後に今年のローランドピアノフェスティバルの課題曲研修を行いました。

京都から石田孝子先生にお越しいただき、ほとんどの曲を演奏していただきながら、ペダルを踏んだ時、踏まなかったとき、踏み方を替えたときなど細かくわかりやすく弾いてくださいました。

先生自身も3歳のお子様から指導しているので、子どもにとっての指使い(指番号)までご指導くださいました。

曲のレベルや表情など選曲にもとても参考になり、講師はどの曲をどの生徒さんに進めるかを早速考えられていました。
32105256_2063147307242332_7308475977628123136_n.jpg

 


フレッシュコンサートin エブリイ Okanaka 津高

今日は、昨年にオープンしたエブリイ Okanaka 津高さんにて小さなコンサートを開かせていただきました。

第1部、第2部と、2つのステージで約20人の生徒達が日頃の成果を発表してくれました。

沢山のお客様が見ている中で、緊張したと思いますが(@_@;)立派に演奏していました(#^.^#)

講師陣も勢いに乗って演奏をちょこっとしました。

DSC01762.jpgエブリイの中、2Fのフードコートにステージがあります。

MADE BY PEOPLE ステージ」というおしゃれな場所です。

 お食事や休憩をされながら聞いておられる方もおり、アットホームな空間だったと思います。








DSC01764.jpg

専門の業者さんが来てくださって音響もバッチリ!!

良い音で演奏ができました(#^.^#)

 ちなみに横にある大きなプロジェクターでは演奏をリアルタイムに生中継で(笑)見ることができます♪






DSC01822.jpg


 今日は30分ごとの2部構成で沢山のお友達に参加してもらいました。

 そして、アトリエを始め、ピアノやドラムも含めて全ての楽器がRolandのデジタル楽器だったので、生徒さんにとってはいつもとは違う環境でしたが、「いつもとおなじ」にとらわれないで、シンセや木琴の音など、デジタルだからこそできる音色を変える機能を存分に使って、雰囲気のある素晴らしい演奏を聞かせてくれました。






 演奏で失敗した…と言ってくれたお友達もいましたが、挑戦してくれる姿勢や、難しくても楽しんで弾こうと思ってくれる気持ちがあれば十分!!

 音楽はその時の気持ちを音に乗せて、皆に伝えることができます。今日の皆は一人一人輝いていました(#^.^#)。
また、発表会やコンクールに向けて、より一層頑張って演奏してくれるといいな♪

さらなる成長を期待してレッスンに励んでもらいたいです♪(ドラム科講師 髙瀨)




話題のボーカロイドキーボードを入荷しました!!

こんにちは!!最近極端に冷えてきています。それもそのはず、昨日から赤磐本店一帯ではついに雪が降り始めました。
もう県北方面には行くことも困難になってくるのでしょうか…。

今日はひとつ、ホットな話題をお伝えいたします。

先日、ヤマハから珍しい商品が発表となりました。その名も「ボーカロイド キーボード VKB-100」
!!!

ヤマハ得意のショルダーキーボードを弾くことでで、リアルタイムにボーカロイド(初音ミク、IAなど)を
歌わせられることのできる商品です。

赤磐本店で在庫として入庫していますので、是非とも試してもらいたい商品です。
今回はこの機種を実際に10分ほど音出ししてみた簡単な感想を書いていきたいと思います。

8363_ext_03_0.jpg・ストレスのないリアルタイムな演奏
これです。この商品が発表になって一番気になっていたのはこの部分です。

 初音ミクなどのボーカロイドは当然、パソコン上で歌詞と音階を細かに設定していき、最終的にDAWで曲として作っていく、いわゆる「打ち込み」の商品です。そのため、ライブで生演奏されることはまずありませんでした。

 その中で、なんとか生演奏でも用いたいといった要望もありましたが、技術的な部分でどうしても販売までたどり着かなかったものが多かったように思えます。実際ギターエフェクターとして世に出たものはその解析処理などの複雑さゆえなのか、実際に弾いてから発音するまでのタイムラグがとても大きかったです。

 その点、今回のVKB-100はヤマハさんも研究に研究を重ねたそうで、鍵盤を抑えたと同時に発音できるまで処理能力が高くなっています!!本当の意味でストレスなく、自分の演奏に集中できます。試しにプリセットの「千本桜」をやってみましたが、予想以上に楽しく弾けます(#^.^#)また、ボーカロイド音源も安心のクオリティですので、ボカロPやキーボーディストも安心して演奏できると思います。

DSC_0051.jpg
DSC_0053.jpg・アイデアで広がる拡張性

 このキーボードの特徴は、自分の好きな歌詞を入れて演奏できるとことや、自分の好きな時にビブラートをかけることができたり、エクスプレッションで発生の強弱が変えられるなど、デジタル面の機能がかなり充実していること。

 これは実際に手に取ってもらえると、作りこみの可能性が分かってもらえると思います。自分で作った歌詞をひとまず本体へアプリで取り込めば、そのままライブでも弾けますし、作曲の際のメロディライン決めもアイデアが浮かんでくるかもしれません。



・試したいのはギターの空間系・変化系エフェクター!!

 このキーボードを手にとって感じたことは、ペダルエフェクターと相性が良いということ。出力がステレオ出力でなくライン出力というところにも少し潔さを感じました。

 試してみたいのが、やはり空間系のペダルエフェクターでした。特に、リバーブとディレイです。たとえば歌詞というよりはスキャットのように「ランラン」と入力してみてそこにディレイ+リバーブを掛けてみると、それだけでフレーズができそうです(笑)

 また、インテリジェントピッチシフタ―で重音をかけるのも効果絶大な気がします。もし僕が個人で買うとしたら、家にあるTC electronicsのNOVA SISTEMに繋げたら最強じゃないかと思ってしまいました(笑)。意外とベースのブレンダ―・DIと繋げても効果ありそうです。

様々弾いてみながらいろいろ考えました。自分でも一台欲しくなってしまいます(V)o¥o(V)

こちらのYAMAHA ボーカロイドキーボード VKB-100は

¥37,800(税込)にて販売いたします!!!

ヤマハ公式のサイトでは岡山での取扱店はないと載っているのですが…
赤磐本店にて本日より展示しますので、岡山県内で購入検討のお方はどうぞお気軽に試奏やお問い合わせしていただければと思います(#^.^#) 

ちなみに18日まではYAMAHAさんがキャンペーンをやっていますのでそちらも確認の上ご来店いただければと思います♪(講師 髙瀨)

【ドイツの森】♪夏の花火大会でドラムを叩いてきました♪【山陽こだま楽器】

こんにちは、ドラム講師の髙瀨です。
少し前の話ですが、8月13日の日曜日にドイツの森で行われた「ドイツの森 夏の花火大会」にてドラムの演奏をしてきました。

 前日12日にもバンド演奏企画で使わせていただいたので、2日連続の野外演奏というとても楽しいイベントになりました。
(人生で初めて日焼けの怖さを知りました(笑))
20768249_1993329890951444_1300159104347859358_n.jpg
 とにかくお客さんの人数が半端なく凄かったです!毎回、花火大会は野外広場で見ることができます。

芝生の上なので、太陽の照り返しと湿気が大変らしいです。

 実際、ちょうど良い夏の天気日和だったので、木陰との気温差が5度以上、テント持参の方がとても多く、さながら夏フェスな思い出が蘇りました。

この日は、100m流しそうめんなどのイベントもあって、広場は終日賑わっていました。


20767988_1994050520879381_6072119245531518320_n.jpg
この二日間は最近のメインセッティングにて行いました。年々大きくなっています(笑)。メロディックタムと重ねシンバル、特に重ねチャイナは最近鉄板になってきています。

 さて、ドラム教室では、よくスネアとペダルはどこのメーカーがよいのかという話になります。せっかくなので僕の使っているスネアとペダルのエピソードをご紹介します。

 僕はスネアを6個もっています。この花火大会のスネアはDW小口径です。普通のスネアは14インチですが、このスネアは12インチです。なのに音量は一番デカいんです。一言で言うと「大陸の音」。一発で気に入って、購入してから今はメインで使っています。
 もうひとつメインで使っているのはヤマハ神保彰限定オークモデルです。これは音がおもしろいです。当時高校生だった僕は、世界限定100台という響きと、神保さんのセミナーでサインを貰うんだ!というミーハーな理由だけで購入しました(笑)当然神保さんの音がすぐ出ます。ただ、13×7という独特の大きさから、当然チューニングとスナッピーのかけ具合には最初は苦労しました。そしてヘッドの薄さにもこだわり始めたのはこのスネアのおかげです。
 後は舶来のラディック木胴の、通称【みどり先生】やなんとハードオフで2000円で手に入れた【たまやん】など、スネアは状況に応じて使い分けるようにしています。

 ペダルに関しては、ヤマハかDWを使っています。ヤマハは旧モデルのDFP9410とDFP9310、ダブルチェーンとダイレクトの両方を持っています。両方よいペダルです。
 ダイレクトはAXISやパールのデーモンさんなどと同じように遊び0の直感性と、抜群のコントロールの良さが好きでした。この感覚にパワーが欲しい人は、パールのデーモンさんが好きだと思います(#^.^#)
 そしてダブルチェーンのヤマハは言ってみれば「ベスト オブ 普通!!」こう書くと、イメージ悪いように思われかねませんが、いつも一定以上の成果を出してくれる存在です。このペダルがあれば、困ることもないだろうと思っています。
81SxEVWFAQL__SY450_.jpg
 が、近年、僕はじめ周りで起きたハードロック・ヘビメタムーブメントのおかげで、ヤマハのペダルよりもパワーのあるペダルに興味を持ち始めました。それがDW9000シリーズのペダルです。

 DWには2000、3000、5000といった、下位モデルのペダルも存在します。しかし、一番上位モデルになる9000シリーズのペダル、通称「アイアンマン」はもうゴツい、高い、重いというヤマハとは全く違う異次元の存在。構造が根本に違っているんです。

最初は戸惑いました。買ったはいいけどてんで使い物にならない、というか使えない。踏んだ感触は重すぎてスライドできない、スピードプレイも扱いきれない。どちらかといえば怒ったハルク状態でした。

それで、あらゆる調整をして試行錯誤をした結果、最終的に行き着いた答えが

「さらにビーターに重りを加える」

というものでした。これは買った最初なら予想もつかなかったですが、重りをつけることでビーターの重心の偏りをなくしたわけです。

とたんにアイアンマンは今までの自己中心的な態度から一変、僕のヒーローになりました。
上の画像の通り、シングルとツイン合わせて5台ほど愛用しています。

ちなみにこのdw9000シリーズのハイハットもとても素晴らしいハードウェアです。軽さが断然違います。

 長々とお店のブログに書いてしまいましたが、ドラムを長くやっていると、こういった機材にも自分なりのエピソードができて、それぞれに愛着が湧いてきます。当店西口の大人の生徒さんとも、ペダルは何がいいのかな~なんて話から、構造と基本的性能の話とペダルの物理学(そんなに難しくないですよ(#^.^#))のお勉強をしたり、スライド奏法をする場合の足首の使い方と労わり方にまで話が発展したりといろいろと踏み込んで話をしたりします。そんな話の後に改めて踏んでみるとペダルのイメージが全然変わってきます。そして断然踏みやすくなっています(V)o¥o(V)
 ドラム教室では、個人での練習とは違って、専門的な知識に加えて、教則本に載っていない裏技的な情報も先生と生徒の間でシェアすることができるので、もっとドラムのことを好きになれます。dwのペダルに興味がある方もぜひレッスンで試してもらえたらと思います♪とってもコアなトークもお待ちしております(笑)



 

講師コンサート2017~Delight in music~ 無事に終了しました。

先日、2月11日(祝)に山陽こだま楽器主催の講師コンサートが行われました。note

前回から約5年ぶりの講師コンサートということで、お客様の温かい声援に包まれながら2時間のセットリストがあっという間に過ぎて行きました。

20170212160625-50dea485ff81ce03467bc7cab531635b73487cdb.jpgピアノ独奏、オルガン独奏などからなる、第1部の優雅なクラシックステージに加えて、ドラムやサックスも加えての第2部の迫力あるポピュラーステージで、どの曲も楽しめて頂けたと思います。

この記事を書いている店員Tも実はドラムの講師として、ドラム演奏とビブラフォン演奏をしてきました。

第2部最初の「ルパン三世のテーマ80"」では今回初となる3台ドラムを並べてのドラムソロバトルということで今までとは違った、エンターテイメントな音楽を楽しんでいただけたと思います。このときにビブラフォンを叩いたのですが、先輩先生方のドラムに合わせて演奏できてとても楽しかったです!smile

また今回の講師コンサートでは、照明や映像にもこだわり、特に映像では㈱ローランドさんから、専門技師の方をお呼びして計8ヶ所からの撮影をリアルタイムでプロジェクターから配信していました。


ちなみにドラムの方はROLAND TD-30!!ハイブリッド化がどんどん進んできています(#^.^#)

20170212163755-cf1f9170546c657aa9d33d56a6e44d03d75851ab.jpg演奏終了後には出演講師によるお見送りがありましたが、どの皆様にも

「よかったです。」

「いい演奏会でした!!」

「良い演奏をありがとうございました!」

と言って頂き、今までの努力の甲斐があったなぁとホッとしています。


ドラムの写真ばかり載せていて花がないのですが(笑)、演奏中の写真なども手に入り次第、徐々に載せることができたらと思います。camera


次回の講師コンサートは5年後、その時には山陽こだま楽器はなんと50周年を迎えます。50才ですhappy02!!



今回来て頂いたお客様や生徒の皆様や、出演して頂いた講師の先生方、そしてご協力して頂いたローランドの皆様…

たくさんの皆様に支えられた感謝の気持ちを胸にwink

また次のステージへと進んでいければと思います。shine

どうぞ、これからも末永く、山陽こだま楽器をよろしくお願い致します。

(ドラム科 講師 髙瀨廣信)




このページのトップへ